Cross Field

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
Cross Fieldプログラムは、野外で実施する仕事のシミュレーションプログラム。これまでに、90,000人以上の方が受講し、反響を得ています。

CFプログラムは、講義や討議・実習による論理的アプローチによる教育(理入方式)と、行動学習による体験的アプローチによる教育(行入方式)の両方を組み合わせた、総合的な教育プログラムです。
この方法により、頭で理解したことをその場で実践しながら、自分自身を見つめ直すことができるため、講義での気づきが体験とリンクして、座学の研修とは違う高い納得感をえられます。

 

 

    

 

知識ではある程度わかっていることも、実際やるとなると難しいものです。
だから、まずは自分を知ることからはじめて、何か変わるきっかけをつくることが大切と言えます。CFプログラムは、野外での行動体験の中から、今までの自分を客観的に見つめ直し、自己再発見しながら、今後どのように行動していくのかをアウトプットします。

プログラムは、山野に設置されている課題に、限られた用具を使ってアタックし、時間内にどれだけ高い得点をあげられるかを競い合う、ゲーム性を加味した仕事・マネジメントのシミュレーションです。CFにはさまざまな「しかけ」が施されており、緻密な計画や行動、チームワークや役割分担がうまくできないと、課題を達成できず、高い成果を上げることができません。CFはいわばチームマネジメントを体験的に学ぶ研修であり、チームでどれだけ質のよい仕事ができるかが、CFプログラムの勝敗を分ける要素となります。

CFはチーム間の競争。チームでの仕事の質も、個人の仕事の質も如実に結果に現れます。結果は結果として受け止め、なぜその結果に至ったのか、過程をふり返ることがもっとも重要なことです。プロセスを徹底的にふり返ることは、個人の成長にとって、なくてはならないことであり、CFプログラムは、行動はダイナミックに、ふり返りはクールに、充実した教訓抽出の場を提供します。