CFプログラムの基本プロセス

CFプログラムの基本構成は、PDS(PDCA)のサイクルを2回まわします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ CF(Ⅰ)は規定課題、CF(Ⅱ)では目標自主設定方式で進行します。

 


プログラムの詳細

緻密な計画

受講者に手渡されるのは、チャートと呼ばれるフィールドの地図です。目標攻略に向けてチャートを読み取り、分担して細かく緻密に分析し、それを全員で共有することが求められます。

analysis.png

計画に沿った行動

分析したチャートと目標達成計画をもとに、野外に出てクロスフィールドを実践します。受講者は、役割分担やチームワーク、さらにはそれぞれがリーダーシップを発揮し、計画に沿った考動をとることが求められます。

plan.png

状況変化への対応

CFプログラムは、単に計画に沿って行動するだけではなく、​突発的な事象を意図して設定しており、受講者には、急な変化への対応力が求められます。タイムプレッシャーの中で、焦らず冷静な判断と実行が成果を生むのです。

change.png

CFプログラムは、講義→行動学習→ふり返り→講義→行動学習→ふり返りの繰り返しによる反復学習で、学習効果を高めます。


バックボーン ー理論背景ー

CFプログラムはモチベーションサイクルの理論を元に設計されています。
人間の行動のもとは意識です。意識が態度を決め、態度が行動を決めます。これはモチベーションの原則で、意識が変わらなければ態度は変わらず、態度が変わらなければ行動も変わりません。その意識は行動を変えることによって変わります。

cf_p02.jpg

 

行動が変わるためには潜在意識が変わる必要があります。潜在意識を変えるには、知的理解だけでは不十分で、行動的理解・納得が必要になるのです。


contact.png